お知らせ
    薬を飲む女性

    血圧が高いということがわかると医療機関にかかって医師の診断を受けることになるでしょう。
    高血圧になると降圧を目指していくことになり、始めには食生活の改善や運動習慣のとりいれが考慮されることになります。
    それによって実現できない場合には高血圧治療薬を用いて長期的な視野で血圧を下げて目標域にコントロールしていくということが行われるようになります。
    高血圧治療薬の効果は基本的には対症療法であってそれだけで高血圧が根本的に治るわけではありません。

    それでもなお薬を飲んで降圧を行っていくのは高血圧であるという状態が大きな健康リスクを生むことになるからです。
    降圧することの第一の目的は合併症の予防です。
    血圧が高い状態というのは血管や心臓、腎臓などの関連する臓器にとって大きなストレスとなってしまい、その負担がかかり続けてしまうことによって合併症のリスクが高まります。
    血管への負担は血管壁の肥厚を促してしまい、動脈硬化を引き起こす可能性があります。
    動脈硬化が進行すると血栓や出血のリスクが高まり、脳卒中や心筋梗塞などの致命的な疾患につながっていくこともあるのです。

    一方、心臓への負担は心肥大をもたらし、腎臓への負担は腎不全や糖尿病などの合併のリスクを高めてしまいます。
    高血圧自体にはあまりはっきりとした自覚症状がないため、降圧する必要はないのではないかと考えてしまう人もいます。
    しかし、こういった重篤ともなりうる合併症のリスクを高めてしまうのが高血圧であるため、降圧を行ってその予防をしていくということが基本的な治療として行われるようになっているのです。
    健康リスクを下げる効果を得るためにしっかりと降圧を行っていくことは欠かせません。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    アーカイブ
      サイト内検索
      最近の投稿